英語力堪能な薬剤師さんが神に見えました

病院に子供を連れて行く!反対?賛成?

産後初めての高熱の体調不良が長引いた時の話です。
熱は38度代が5日続いてるけど、市販薬でしのぎました。
気軽に病院へ行けないんですよね、ママって。
同じ思い気持ちのママさんなら共感していただけるかしら。

まず気になるのが赤ちゃん!
受診する科によっても変わってきますが、病院は大概、病人が治療しに行く場だからこそ赤ちゃんに病気移されないか気になります。
そして、赤ちゃんが泣いたらどうしよう・・・。ただでさえママキツイのに!
周りの患者さんにも申し訳ないですし・・・。

長引いた風邪で体力も消耗していましたが、一緒に子供を病院に連れて行った時に、他の患者さんが露骨に嫌な顔し「チッ!!!赤ちゃんうるさいから黙らせろ!」と怒り口調で40代のオバサンに言われてしまったことがあります。
私は、もちろん泣いてる我が子を野放しになんかしていませんよ?
静かな声で声かけし、抱っこにゆさゆさ歩いたりし、あやすことに必死でした。

「すいませんが外で待ってても良いですか?」と受付のかたに相談したら、「診察もう少しなので院内にいて下さい」と言われたんですよね。
受付の方には院内で待機と言われ、他の患者さんには嫌がられ嫌味まで言われ、赤ちゃんは泣き疲れるまで泣き続け。
ママどうしたらいいのよ!怒りと悲しみ辛さ悔しさが混み上がり泣いてしまったあの日。もういやだ!

だからと言って、赤ちゃんを一人お留守番させられる訳ないじゃない?
パパ仕事休めないし親にも頼れないし。ましてや、ベビーシッターさんを雇うお金なんてないですし。

だからと言って、具合悪い他の患者さんに迷惑かけるわけにもいきませんからね。
病院は体調崩して苦しんでる人が治療する場ゆえ難しい点ですね。

ただ、思いやりは大切なのですよね。
ここの病院の隣の院外薬局は、英語を話せる薬剤師さんがいるのですが、ほんとに英語ペラペラでめちゃくちゃカッコいいんです!
最近転職してきたばかりらしいんですけどね。
⇒⇒⇒薬剤師 求人 英語

なんと、赤ちゃんが泣いたら、体がつらい私の代わりに抱っこしてくれたり、あやしてくれたりするんです!
薬剤師さんがもう、神に見えました。ほんとに。

思いやりがないと、無駄に傷つけあうだけで憎しみだけが産まれちゃうんです。
お互い、思いやりがないと生きていけませんね!

嫌な顔した方は私忘れません!
でも、泣いてる我が子をニコニコ抱っこしてあやしてくださった薬剤師さん、本当に有難うございます。
恩は忘れません!